キャラクター紹介_ステラ

STELLA UNIBELL

ステラ・ユニベル

CV:種田梨沙

天真爛漫で超マイペース。
周囲で何が起ころうと自分の気分が優先。
気になることがあると我慢できず、
とんでもないことを言い出すことがある。
幽霊と歌を歌って話をするのが好きで、
常識が欠けてる分「気」に敏感。
他人の死などによって耐えられない悲しみに陥ると、
憑依状態になって状況を回避しようとする傾向がある。

身長/体重 148cm/39kg
年齢 14歳
誕生日 6月25日
ソウルウェポン/クラス ギター/ハウリングギター
操作難易度 ★★★★★
  • 声優コメントムービー

  • PV

BACKGROUND STORY

少女には不思議なものが見える。人でもない、動物でもない特別なものだ。
「それら」が普通の人には見えず、自分にだけ見えるものだということにすぐ気付いた。
「それら」は少女が歌を歌う度に集まり、少女にはそれがいつも不思議で嬉しかった。
少女は何気なくこのことを両親と周囲の人たちに話した。
その時から、周囲の見る目は変わった。
その視線の正体が恐怖だと気付くのにそう時間はかからなかった。
不浄な子、呪われた子という言葉がいつも少女に浴びせられた。
少女は話すことより歌を歌うことの方が多くなった。
少女は両親から、そして世の中から孤立していった。
唯一「それら」だけはいつもそばにいて、少女を慰め励ましてくれた。
そんな少女に追い打ちをかけるように大災厄が起こった。
周囲の人たちは少女に石を投げ、呪われた子が災いをもたらしたと罵った。
そうでもしなければ、非現実的な現実は弱い人間にとってあまりにも厳しかった。
少女は悲しかった。それは、耐えられないほどの悲しみだった。
だから彼女は更に歌った。喉が枯れ、力尽きるまで。
そして少女は、歌声とともに世の中を飲み込む渦が奏でる音に飲み込まれていった。

ソウルワーカーをご利用いただくためには、
ゲームスタート用プログラムのインストールが必要です。

ゲーム起動方法の詳細はこちら

閉じる

TOP