ソウルワーカーの世界

CHAPTER 03スタリーフォレスト

竜巻が消えた後の空には必ず紫色の大きな穴が開いた。
空が引き裂かれたようなこの穴を人々は「空白」と呼んだ。
空白は、忘れたい惨劇の記憶を思い出させる悲しい形をしていた。
竜巻によって空白の真下は廃墟となり、
異生物と悪魔が大量に吐き出されるため、
彼らの住処となる場合が多かった。

連合軍は民間人の立ち入りを禁止し統制した。
悪魔の襲撃が続く中、
突然空白から目がくらむほど眩しい光を放つ複数の何かが落ちてきた。
連合軍がその何かが落ちた所で見つけたものは人間だった。
空白から落ちてきた人間は、身体能力が桁外れに長けていて、
炎を扱うなど、異生物に立ち向かうことができる力を持っていた。

人間離れした能力を持つ彼らのことを人々は「異能力者」と呼んだ。
そのうち何人かは、特殊な武器を自由自在に扱い、
悪魔にも対抗できる力を発揮した。
この特別な異能力者は「ソウルワーカー」という名前で呼ばれた。

そして、このソウルワーカーを中心とする、
異生物と悪魔との戦いに挑む組織が作られた。
人類に一握りしか残っていない希望を、
星のように輝き森のように包み守る彼らを、
人々はスタリーフォレストと呼んだ。

ソウルワーカーをご利用いただくためには、
ゲームスタート用プログラムのインストールが必要です。

ゲーム起動方法の詳細はこちら

閉じる

TOP